完母の決め手?-完ミから完母になった体験談②

体験談

前回の続きです。

 

完母の決め手?- 完ミから完母になった体験談①
完ミで育った長女、完母で育った次女。完母になったのはある決め手がありました。

 

 

完ミで育った長女と、完母で育てている次女。

成長具合には違いがあったのでしょうか。

個人差もあるとは思いますが、母乳についてよく聞く噂について検討しました。

 

 

完母だと免疫力が強くなる?

長女は、私の育休明けの生後10ヶ月からこども園に預けるまでは風邪をひいたことはありませんでした。

熱を出したのも、ワクチンの副反応で熱が出たくらい。

こども園に行き始めてから1週間で面白いほどわかりやすく風邪をひきました。

現在までに入院レベルの病気になったことはなく、こども園に通っている割には病気が少ない方だと思います。

 

次女が生まれたあとは、長女はこども園に通い続けていたのですが、
次女生後3週間の時に長女が熱を出しました。

長女の風邪がそのまま産後すぐの免疫の弱った私にうつり、長女よりも症状が酷く、ゲホゲホ咳をしながら次女に授乳していました。

次女は生後間もないし、新生児で風邪なんか引かないだろうと油断していたのですが…

 

しっかり次女も風邪をひきました(涙)。

 

この時は本当に自分を責めました。

私の母乳って栄養ないのかな…

この子は何か、先天的に問題があるのでは…

まだ首も座ってないのに、鼻水でフガフガ苦しそうで、母乳も飲みにくそうにしているのが本当に心苦しかったです。

 

 

完母も完ミ関係ない!小児科の先生からの言葉

私は、かかりつけの小児科の女性の先生をとても信頼しています。

職業上医療系の知識が多少わかる私にとって、つい病院に対して厳しい目で見てしまいがちなのですが、運良くとても信頼出来る小児科の先生に出会えました。

次女が風邪を引いてしまって、かかりつけの先生に半泣きで相談しました。

 

私の母乳に栄養なんかないんですか?

やっぱり長女も完ミだったから、この子もミルクにしたほうがいいですか?

 

先生は次女の体重を計り、静かに計算をしていました。

次女ちゃん、1日あたり56gも体重増えています。

この時期は20〜30g増えれば十分なので、母乳でしっかり育っていますよ。

栄養のない母乳だったらここまで体重増えないんだから、自信持ってね。

出生体重3000gと平均的だった次女ですが、1ヶ月健診の時には4100gの丸々むちむちでした(笑)。

誰がどう見ても、風邪くらいじゃ死なないわって感じの太りっぷりだったんですが、当時は心配で心配だったんです…

ちなみに現在も次女はお会いする人の第一声が「まるまる育って(太って)」です(笑)。

 

鼻水で母乳も飲めてないと思っていたのですが、思っていたよりしっかり体重が増えていました。

では、なぜ新生児で風邪を引いてしまったのでしょうか?

先生からのお言葉はこうでした。

お母さんからもらう免疫で防げる病気は、風疹などのかかると死に至る病気と言われています。

そこら中に存在するいわゆる風邪のウイルスなどは防げないと言われています。

今回、風邪のルートが確実なので、先天的に問題があるわけではないですよ。

下のお子さんはどうしても上のお子さんから病気をもらってしまうので、”生まれた時から保育園にいる”状態だと思ってください。

なるほど…確かに、今回の風邪のルートですが、

こども園から長女

次女

と感染源がはっきりしています。

こども園に行き始めた途端に風邪を引いた長女。

それを考えると、次女が風邪をひいても異常なことではないのだなと思えました。

かかりつけの先生曰く、3歳までの子供は免疫不全だそうで、この風邪のうつしあいは3歳すぎるまで頑張って育てるしかないですね。

 

まとめ完ミで育った長女は風邪を引かずに入園まで過ごせましたが、

完母で育てている次女は新生児で風邪を引いたため、

母乳からの免疫力なんて関係ないってことです。

 

 

世間の目と自分の考え

長女の時、なぜ私は必死に助産院に通ってマッサージしていたのでしょうか。

母乳の出るハーブティーなんて頑張って飲んでいたのでしょうか。

 

それは、母乳育児じゃないと、母親として当たり前に頑張らなくてはいけないことを怠っている気がしたからです。

混合で育てている時も、人前でミルクをあげるのもなんとなく嫌で避けていました。

 

特に義母の前でミルクをあげるのが本当に嫌でした。

義兄のお嫁さんが子供を完母で育ててるというのを義母から聞いていたからです。

「母乳の出ない嫁」と思われるのが本当に嫌でした。

 

助産院でマッサージ中も「人間は哺乳類なんだから、おっぱいが出て当然なのよ」と言われました。

助産師さんは頑張ろう!の意味で言ったと思うのですが、「じゃあおっぱい出ない私って、哺乳類失格じゃないか」と余計に落ち込んだのでした。

 

世間には暗黙の了解で「完母で育てないといけない」という風潮があります。

芸能人が出産したブログなどをのぞくと、哺乳瓶でミルクをあげている写真などを見て「あぁミルクあげてるんだ」と思ってしまう私もその風潮にしっかり乗っかっていました。

 

 

完母か完ミか:悩んでいるママさんへ

長女の時は経験したことのなかった、

 

おっぱいが張る感覚、飲ませていない方のおっぱいからボタボタ母乳が垂れてくる、朝起きるとパジャマが母乳で濡れている、母乳パッド使用する…

 

正直こんな「完母あるある」が嬉しくてたまりませんでした。

しかし、嬉しくて自信過剰になっていた私は次女が新生児で風邪をひいた瞬間から自信が打ち砕かれました。

 

完母だの完ミだの、どうでもいいんだ…と思えたのはこの時でした。

 

長女と次女と比較すると、長女の時に育児を怠っていたわけでもない。

次女の時に特別頑張ったわけでもない。

唯一違ったのは次女がおっぱいの飲み方がうまかった、ただそれだけ。

 

だから私と同じように検索魔になり、世間の「母乳神話」にストレスを感じているママさん。

あなたは何も悪くないです。

むしろ、この子育てに優しくないと言われている時代に子供を産んだだけで自信を持っていいです。

赤ちゃんが体重が増え、笑顔でいられる方法が一番の栄養供給方法なんです。

 


コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました