【0歳・2歳】赤ちゃん連れハワイ旅行に行ってきました【事前準備編】

子連れ旅行

2019年 2月。

東京が暖冬で例年より暖かいねーと言われている中、我が家は赤ちゃんを連れてハワイ旅行に行ってきました。

なぜこのタイミングでハワイ?かというと、理由は主人の仕事の都合で、もう旅行というものが久しくできない予定だからです。

(主人抜きで行く可能性は大いにあるけど)

 

子供たちは0歳10ヶ月2歳9ヶ月

周りに迷惑をかけないように努力すれば、ハワイ自体はとても赤ちゃんに優しい観光地です。

実際にとても大変だった思い出より、とても楽しかった思い出の方が強いです。

今回は、ハワイに行くために日本でしていった準備についてご紹介いたします。

 

今回の旅行の概要

・5泊7日 ハワイ-成田 JAL

・シェラトンワイキキホテル宿泊

 

ツアーがいい?個人手配?JALなら個人手配でもおすすめ!

今回我が家は個人手配で旅行に行くことにしました。

以前、JALパックを利用したことがあるのですが、特典いっぱいで本当にお得で楽だったのですが。

今回子供も小さいため、そんなにいろんなところに行けないだろうと思いまして。

目的が「ゆったりのんびりする」だったので、個人手配にすることにしました。

航空会社は慣れたJALで、楽天トラベルでホテルを予約しました。

 

子連れならレンタカー必須ですが、「右車線怖い…」というヘタレ主人のため、レンタカーなしで行動することに。

ワイキキ中心部はトロリーがたくさん通っているので、トロリーでなんとか頑張ろうということに。

 

JALパックだとトロリー乗り放題チケットがついてくるんですが、個人手配の場合、JALOALOカードというカードを申し込まなければなりません。

JALOALO(ジャロアロ)カード|ハワイの加盟店にてご優待を受けられるお得なカード

こちらのカード、JALの飛行機を利用する人なら誰でも取得できます。

こちらを提示すれば、アラモアナ方面に行くレインボートロリーのみ無料で乗ることができます。

いや〜便利便利。

 

他にも様々な特典があって、我が家はJALOALOカード利用のチャーリーズタクシーで空港・ホテル間の送迎を申し込みました。

定額・チップ込みで片道35ドル、カード引き落としなのでとても便利でした。

 

ちなみにどんなに早くにカードの申し込みをしても、出発日の10日前にしか届きません。

(カードが来なくて不安になり問い合わせてしまいました)

赤ちゃんのパスポートの取得方法

まずは大人も子供も、パスポートが必需品となります。

我が家の長女は0歳10ヶ月の時にグアムに行っており、パスポートを持っていました。

次女のパスポートですが、パスポートセンターや写真屋さんで写真を撮ってもいいですが、証明写真が作れるアプリがありますのでそちらを利用しました。

 

履歴書カメラ

履歴書カメラ

Recruit Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

こちら何がすごいって、アプリで作ったものをL版光沢紙にプリントアウトすればそのまま証明写真が作れちゃいます。

つまり普通に証明写真撮影するのに700円〜とかするのが、コンビニでL版写真プリント代で済むってことです!

アプリなので何回も撮影し直しOKなのもありがたい。

次女もこんな感じで、背景白いところで撮影してプリントしました。

パスポートの取得には、申請書・戸籍謄本または抄本・写真が必要ですが、申請には本人(子供)を連れて行く必要はありませんでした。

受け取りの際には子供も連れていかなければなりません。

ESTAを忘れずに!【ESTAの注意点】

ハワイに行く際、厄介なのがこれ。

グアムに行くならあってもなくてもいいんですけどね…

ハワイは絶対必要になるESTAについてです。

ESTA(電子渡航認証システム)は、簡単に言うと、同時多発テロからアメリカへの入国が厳しくなり、事前にwebで申請する身分証のようなものです。

なんとお金がかかります。

申請料金として14ドルかかり、日本円ではレートで変わりますがおよそ1500円ほど必要です。

大人も子供もかかります。

うちの0歳児がテロなんか起こすかよ…と思いながらも1500円払いました。

 

旅行会社が代行してくれることもありますが、個人でやる際の注意点です。

ESTAのホームページに行くと、個人による申請グループによる申請が別れています。

EASTホームページより抜粋

家族まとめてグループで!と思いきや、なぜかグループによる申請でうまくいかないことがあり、何回かやり直し、結果、個人の申請でうまくいきました。

大人数ではなく我が家のように4人程度であれば、個人の申請×4をしてしまった方が楽かもしれません。

 

ESTAは登録するだけで、何も証明書がありません。

一応登録した際に出てくる領収書の画面をプリントアウトしていきましたが、見せることは一度もなく、パスポートに情報が登録されているようでESTAのEの字もなく入国します。

本当に必要なのこれ…と思いますが、ないと航空会社でストップされちゃいますのでご注意ください。

海外旅行保険について

子供たちが小さいため、海外旅行保険は必須になります。

結果的に今回の旅行で必要になることはありませんでしたが、子供たちの万が一を考えると入っておいて安心でした。

我が家はクレジットカードに付帯の旅行傷害保険でなんとかなりました。

【公式】ゴールドカード|セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード入会キャンペーン
新規ご入会で永久不滅ポイントプレゼントキャンペーン実施中!貯まったポイントは無期限。国内主要空港のラウンジが無料でご利用いただけたり、最高5,000万円※の旅行傷害保険や永久不滅ポイント優遇など、充実したサービスのあるクレジットカードです。

セゾンカードのアメックスもちの我が家はこれで充分でした。

 

WiFiは超必需品!

ハワイ旅行計画中、主人と私で別れて行動する日を作りました。

そのため、いつでも連絡できるように…と、ポケットWiFiをレンタルし、LINEで連絡を取り合うことにしました。

 

ハワイ中心部はショッピングモールが多く、そこの無料WiFiでいいかなと思ったのですが、ハッキングなどの危険性を考慮し1台レンタルすることに。

こちらもセゾンカードのアメックスのサービスからレンタルの申し込みをしました。

 

そしてもう1台は、宿泊したホテルのリゾートフィーでレンタルできるとのことで、計2台で行動しました。

最初は連絡取るだけ…と思っていましたが、グーグルマップはほぼ毎日使用しました。

お店で何か買う際もクーポンがないかサッとチェックできたりと、ないと不便だったな〜と今思います。



 

 

次回はハワイ恐怖の飛行機編です。

 

created by Rinker
¥1,500 (2019/07/15 21:26:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました