【出産費用も】超初心者向け 医療費控除のやり方

家計節約

月日の流れは早く、確定申告のシーズンになりましたね。

 

って、確定申告ってなんですか??

 

社会人になってから、とりあえず払えと言われた税金はそのまま払い、

会社から年末調整の書類を書けと言われたため、とりあえず記入し、

なんでか分からないけどちょっとお金がもどってくる。

 

税金について誰も教えてくれない…

しかし、少しでも子供に残したい養育費のため、節約術について調べていると「医療費控除」というキーワードにたどりつきました。

税務署に行き、とことん教えてもらいました。

今回の記事は、会社等にお勤めしている(自営業ではない)、税金について初心者の方のための基礎中の基礎のお話です。

【初心者向け】確定申告とは?

確定申告とは、その年の1月から12月まで、いくらお給料を稼いだかを国に申告することです。

ここで大切なのが、1月から12月ということです。

年度始めが4月からというイメージが強いですが、税金に関しては1月スタートになります。

なぜお給料を申告しなければならないかというと、稼いだ額によって国に支払わなければならない税金の額が変わるからです。

当たり前ですが稼ぎが多い人は多く、少ない人は少なく。

 

ただ、会社勤めの方は、基本的には確定申告は自分で税務署などに行く必要はないはずです。

簡単に言うと、会社が代わりにやってくれるからです。

 



【初心者向け】年末調整とは?

会社勤めの方は11月くらいになると「そろそろ年末調整の用紙を提出してください」と言われるんではないでしょうか。

こんな紙です。

国税庁HPより

会社は、毎月のお給料から所得税を少し多めに天引きしています。

その理由は、まぁ簡単に言うと食いっぱぐれないようにです。

1年経って「今年の所得税は○○円です(どーん)」と出されて、

「えっ、払えないです…」とならないようにするためです。

ただ、毎月多めにもらっていた税金は、1年間の所得税が確定すると、とりすぎていた分を返してくれます。

それこそが年末調整です。

【初心者向け】源泉徴収とは?

お給料に対してとられてしまう所得税ですが、控除(少し安くしてくれる)の対象になるケースがあります。

会社が控除の手続きを代わりにしてくれるのはおおまかに分けて以下の4種類です。

①扶養家族がいる場合

申告したお給料で養っている家族がいるかどうかです。

配偶者や子供など。

②生命保険に入っている場合

生命保険に入っていると、「生命保険料控除証明書」という紙が送られてきます。

③地震保険に入っている場合

こちらも同様に「地震保険料控除証明書」というものが送られてきます。

④社会保険を自分で払っている場合

会社にもよりますが、会社が社会保険に入っていれば月々のお給料から保険料を天引きしてもらっていると思いますが、国民健康保険等に自分で支払っている場合は控除対象になります。

これらが該当する場合、年末調整の際に紙に書いて証明書等を提出すれば、控除(少し安く)してくれます。

それが源泉徴収票にしっかり記載されます。

源泉徴収票は、年末調整を行ったあとにもらえる、1年間のお給料がいくらか全て記載されてるものです。

そしていろいろ控除した後、そのお給料に対しての税金は結果的にいくらだったか(=源泉徴収額)を記しています。

月々多めにもらっていた金額の合計と、源泉徴収額を引いた分は返金してもらえます。

次の年の1月のお給料と一緒にもらえることが多いそうです。



会社がやってくれない控除【自分で確定申告する方法】

上記の4つが会社がやってくれる控除だと話しましたが、会社が負担すると大変だから、その他は自分でやってくださいね!というものがあります。

それが「医療費控除」です。

1月から12月までの1年間、医療費が10万円を越す場合、控除の対象になります。

この場合の「医療費」というものはどのようなものが当てはまるのでしょう。

病気などで病院で医療費を支払う際、だいたいの方は健康保険に入っているため、3割負担などではないでしょうか。

その実際にお金を出して払った3割の額(要は実費)が控除の対象になります。

そして、意外かもしれませんが、病院に行くための交通費も含まれます。

タクシーなどで病院に行った場合、タクシー代も申請していいのです。

 

妊婦さんは、妊婦健診の費用がかなりかかると思います。

なんと妊婦健診の費用はもちろん、出産の際に出産費用一時金からはみ出た分も申告してOKだそうです。

妊娠・出産は病気じゃないから自己負担なイメージが強いですが、医療費控除の対象にしっかり含まれます。

更には、産後の母乳マッサージにかかった助産院での費用も控除対象でした!

これら申告の際には領収書が必要です。

妊娠中や産後はいろいろ大変で手が回りませんが、「領収書はお金」だと思ってしっかりとっておきましょう!

もちろん子供にかかった医療費もOKです。

我が家の場合は共働きなので子供はどちらを主体にして申告してもよろしいとの事でしたが、源泉徴収額が多い主人の方で申告しました。

【初心者向け】医療費控除の申告の仕方

とりあえず分からなければ、税務署に行って「確定申告したいです」というのが1番です。

行くタイミングですが、例えば平成30年分を申告したい場合、平成31年1月以降に行きます。

過去5年間分の申告も書類がそろっていればできるそうです。

 

現在はe-Taxというネットで申告できるサイトもあります。

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
国税電子申告・納税システム(e-Tax)の概要や手続の流れ、法令等に規定する事項など、e-Taxを利用して申告、納税及び申請・届出等を行うために必要な情報やe-Taxについてのお知らせを掲載しています。

とりあえず申告に必要なものは領収書をまとめたものです。

自分でExcel手書きでまとめてもいいとのことです。

その際は「医療費がかかった人の名前、病院名、金額」でまとめ、合計を出しておくとスムーズだそうです。

あとは、その年の源泉徴収票とマイナンバー、還付金を振り込む振込先の情報が必要でした。

税務署にいった際もe-Taxに入力していったので、税務署が遠い方は自宅のパソコンでやった方がいいかもしれません。

 

我が家も平成30年度分を申告しに行きましたが、次女の出産があったためなんと!

3万3千円も返ってくることに!

3万円って結構な額ですよね…

該当される方はぜひ申告することをおすすめします。

その他に会社がやってくれない自分で申告すること

医療費控除以外には、ふるさと納税をした場合も自分で申告しなければなりません。

我が家、ふるさと納税はやっていないのですが近いうちにやってみようかな〜と思いました!

 

まとめ今回は税金についての基礎の基礎を、私が税務署で聞いてきたお話を元にまとめさせていただきました。

該当される方がいらっしゃいましたら、確定申告ってよく分からない…と思っても、一歩踏み出されることをおすすめいたします。


コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました