ネットでそろえる”お食い初めメニュー”、実際に取り寄せてみました

お役立ちグッズ

赤ちゃんが生まれて間もないうちに意外とイベントごとがたくさんありますよね。

その中でも生後100日に行われる「お食い初め」は私にとってはかなり負担でした。

 

お食い初めとは

お食い初めは、赤ちゃんが生後100日経った日に、初めて食べ物を与える儀式のことです。赤ちゃんの成長を祝うとともに、「子どもが一生食べ物に困らないように」という願いも込めます。もちろん、生後100日ごろの赤ちゃんは実際にはまだ固形物は食べられないので、食べさせる「真似」だけをします。

出典元:Okuizome.jp

 

生後100日って、まだ生後3ヶ月ほどですよ。

まだホヤホヤだっていうのにちゃんと準備ができません…

お食い初め膳とか出しているレストランに行くのも大変。

 

料理が苦手なため、豪華なものを自力で作れない

 

東京出身なため地域の風習とかないから何やっていいのか分からない

 

でもやらなきゃやらないで気になる

 

インスタなどで手作りお食い初めを頑張ってるママさんたちに脱帽…

色々調べていくと、ネットで注文できるお食い初めセットなるものを見つけました。

とにかく形だけはやりたいという私にはもってこい。

長女のときも次女のときもお世話になったので、よろしければ参考にしてみてください。

 

 

準備するもの

まず、お宮参りを行った際に、神社からお食い初め用の器をいただいたので、そのまま使用しました。

そして歯固め用の石も神社からキレイなものを頂戴しました。

あとは、Amazonでお食い初めセットを注文しますが、注文するタイミングが大事です。

賞味期限が「着日より2日」となっているので、お食い初めを行う日を過ぎず、早すぎない日時に指定することが大事です。

 

 

当日やること

私が注文したのは、鯛とハマグリのお吸い物のセット

お赤飯を別で買いました。

created by Rinker
マルちゃん
¥1,720 (2019/06/25 05:29:14時点 Amazon調べ-詳細)

まず、お赤飯をチンします。

鯛は真空パックになってるので、あけてからお皿に移してチンします。

お吸い物は、お吸い物の素と、これまたハマグリも真空パックになっているので、取りだしてお湯を注ぎます。

お食い初めの器によそります。

以上。

 

すごく雑な文章に見えますが、本当にこれだけしかしてません。

完成したものがこちら。

めちゃくちゃ豪華に見えます!!

かなり楽しましたが、私にとってはストレスなくそれなりのものができ、子供たちが大きくなった時にも証拠の写真が残せるので我が家はこれでいいのです。

愛情はこもってますので、ええ。

 

そしてお食い初めが終わったあとはきちんとスタッフ親が美味しくいただきました。

見た目だけでなく大人が食べてもしっかり美味しいのでおすすめです。


コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました