授乳中に親知らずを抜歯したお話【抗生剤や痛み止めは飲んでも大丈夫?】

体験談

あまりいいイメージのない親知らず…何も問題なく生えそろう方もいますが、痛みを伴うととても厄介ですよね。

私の両親は歯科医師で、父は大学病院でも勤めているので、歯に関することはなんでも相談できる相手です。

今回、次女生後5ヶ月の授乳中に親知らずが生えてきてしまったことから抜くべきか・抜かないべきか授乳には問題ないのかについて相談し、結果抜くことにいたりました。

その経過も含めてお話したいと思います。

 

created by Rinker
チュチュベビー
¥450 (2019/06/25 04:50:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

プレ花嫁さん・妊娠を考えている方に伝えたい親知らずの重大さ

私は両親に昔から口酸っぱく親から言われていたことがありますが、

人生の節目を迎えようとする前には必ず親知らずを抜きなさい

という台詞があります。

結婚式を控えている・妊娠中など…親知らずが急に痛くなり、緊急な処置が必要な人に限って、なんでこのタイミングで…!という人が本当に多いそうです。

おそらく、親に知られることなく生える=親知らずといわれる程、一般的に結婚や妊娠、出産などと重なる時期に生えてくることが原因かと思われます。

私は資格のための大きな試験を迎える前に、そのアドバイス通りに悪さをしそうな下の歯の親知らず2本を抜歯しました。

おかげさまで、大きなイベントとは重ならずにすみました。

 

 

授乳中に親知らずを抜歯することになった経緯

次女生後5ヶ月の時に、上の歯の一番奥にやたら食べたものがつまるな…と不快に思っていました。

指で触ってみると、歯の頭らしきものが。

両親に相談すると、抜いていない親知らずがついに生えてきたとのことでした。

授乳中であるし、痛みはなかったので、急いで抜歯をするべきかを相談しました。

私の場合、親知らずが少し頭を出したところで成長がストップしてしまい、食べたものがつまりやすく今後虫歯になる可能性が大きいため、早めに抜くことになりました。

 

麻酔をしているので痛みはなかったのですが、かなり深かったため骨がミシミシいう感覚が怖くて…これが妊娠中とかだとかなりのストレスだと思います。

こちらが抜歯した親知らずです。

かなり大きく深かったため、もう少しで痛みが出るところだったそうです。

 

 

授乳中での抗生剤・痛み止めについて

授乳中に服用できる薬の基準としては、赤ちゃんでも服用できるかどうかだそうです。

抗生剤はサワシリンという一般的なものを処方されましたが、問題は痛み止めです。

カロナールという鎮痛薬は赤ちゃんにも使用しますが、抜歯後は効き目が強いロキソニンでないと痛みが抑えらないことが多いです。

授乳中にロキソニンを使用するのも躊躇しますが、痛みを我慢してストレスが溜まるほうがよくないので痛くて生活に支障が出るときは飲んだほうがいいとの結論でした。

 

そういえば、産後の会陰の痛みがひどいとき、授乳してましたがカロナールでは座れないほど効果がなかったのでロキソニンを飲んでいました。

赤ちゃんに影響があったかなかったかは分からなかったほどなので、長期的に服用しなければ問題ないと思います。

※必ず処方した医師や歯科医師の指導に従ってください

 

まとめ

親知らずが痛くなるタイミングは誰にも予測できませんが、検診もかねて症状がないうちから歯医者さんに通い、大きなイベント前には必ずチェックをすることをおすすめします。

授乳中でも親知らずを抜歯し、抗生剤や痛み止めを飲むことはできますが、抜くストレスがかなり大きいので緊急な場合以外は避けたほうがよろしいかと思います。

 

created by Rinker
クリニカ
¥320 (2019/06/25 04:50:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました